「トピック」カテゴリーアーカイブ

すい臓がん発生構造を解明 治療に期待(ABCテレビ) – Yahoo!ニュース

脱分化

情報源: すい臓がん発生構造を解明 治療に期待(ABCテレビ) – Yahoo!ニュース

京都大学iPS細胞研究所などは、iPS細胞の技術を使って、すい臓がんが発生する新たなメカニズムを解明したと発表しました。

すい臓がんは、早期発見が難しく、生存率も他のがんに比べて低いことが知られています。一般的に、がん発生の原因は「遺伝子異常」の他に、細胞が持つ役割を失う「脱分化」が関係しているとされています。山田泰広・東京大学教授らの研究グループは「遺伝子異常」のマウスにiPS細胞の技術を使って、すい臓の細胞を「脱分化」させたところ、がん細胞が急速に増殖することを初めて発見しました。山田教授らは、がん発生の仕組みが明らかになったことで、今後、予防法や新たな治療法の開発への貢献が期待できるとしています。

東大の人工知能「ワトソン」、10分で遺伝子解析…白血病患者を救う : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

人工知能が正解を出し始めたら、医師の存在価値は?
10分では3500万の論文を分析出来ないし。
医師がいる価値と創造はどうなっていくのだろう。
また、人工知能が導き出した答えを、どう、医師が信じていけばいいのだろう。
判断基準がきになるところだ!

 東京大学医科学研究所が導入した人工知能(AI)が、白血病患者の特殊なタイプの遺伝子を10分で見つけ、治療に役立てていたことが分かった。  人工知能が患者の治療に貢献した国内初のケースで、がんなど医療分野での応用につながると期待される。  

情報源: 東大の人工知能「ワトソン」、10分で遺伝子解析…白血病患者を救う : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

東京大学医科学研究所が導入した人工知能(AI)が、白血病患者の特殊なタイプの遺伝子を10分で見つけ、治療に役立てていたことが分かった。

 人工知能が患者の治療に貢献した国内初のケースで、がんなど医療分野での応用につながると期待される。

 同研究所は昨年7月、米IBM社の人工知能「ワトソン」に、2000万件以上の生命科学の論文、1500万件以上の薬剤関連の情報を学習させ、がん患者の発病に関わる遺伝子や治療薬の候補を提示させる臨床研究を始めた。

 「急性骨髄性白血病」の患者で、標準的な抗がん剤治療が合わないとみられた60歳代の女性の遺伝子情報を入力したところ、わずか10分で分析結果が示され、「二次性白血病」という特殊なタイプであることが分かった。医師の判断で女性は治療薬を変更し、数か月で回復、退院した。

 ワトソンは、今年3月までに、この女性を含め計41人の診断や治療で有用な情報を提示。同研究所病院副院長の東條有伸医師(血液腫瘍内科)は、「人の手なら2週間はかかる作業。今後のがん治療では膨大な遺伝子情報の分析が重要になるため、大きな成果」と話している。

元の記事を読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160806-OYTET50000/#csidx1c9844be379bb769286d0d5b1de2fca
Copyright © The Yomiuri Shimbun

笑いの効能、がん医療で研究=免疫機能やQOL影響検証―大阪国際がんセンター (時事通信) – Yahoo!ニュース

本当か気にはなっていたけど。間違いなく笑いは必要だと信じてますよ!

大阪国際がんセンターは27日、笑いががん患者の免疫機能や生活の質(QOL)に与える影 – Yahoo!ニュース(時事通信)

情報源: 笑いの効能、がん医療で研究=免疫機能やQOL影響検証―大阪国際がんセンター (時事通信) – Yahoo!ニュース

大阪国際がんセンターは27日、笑いががん患者の免疫機能や生活の質(QOL)に与える影響を医学的に検証すると発表した。関西に拠点を置く芸能事務所の松竹芸能、米朝事務所、吉本興業が協力する。患者に落語や漫才を鑑賞してもらい、血液検査で変化を調べる全国初の取り組みで、研究成果は国際学術雑誌に公表する予定だ。

 記者会見した研究責任者の左近賢人病院長は「がん患者は肉体的、精神的なストレスを感じやすい。笑いが本当に効果があるのか科学的に解明したい」と意気込みを語った。

 研究に参加するのは、がんで通院中の患者70人と看護師ら。5月から4カ月間、2週間ごとに同センター内のホールで桂文枝さんや桂ざこばさんの落語、オール阪神・巨人さん、海原はるか・かなたさんの漫才など計8回の公演を楽しんでもらう。

 期間中に血液検査を5回行い、白血球の数やストレスの程度を示す数値の変化を調べる。また、QOLを調べるアンケートも実施する。

 研究では、患者を前半4回の公演だけを見るグループ、後半4回だけのグループ、全8回を見るグループに分け、血液検査でどのような数値の違いが出るのかも調べる。

 協力する落語家の桂文珍さんも会見に同席し、「笑いで元気になったという話は聞く。私の落語で患者さんの数値が悪くならないように頑張りたい」と笑いを誘った。 

英男性、血中HIV完全除去に世界で初めて成功 完治に光 (The Telegraph) – Yahoo!ニュース

英男性、血中HIV完全除去に世界で初めて成功 完治に光 (The Telegraph) – Yahoo!ニュース.

なぜ医師はバリウム検査を受けない?無意味で発がんリスク増大、重大な副作用も

なぜ医師はバリウム検査を受けない?無意味で発がんリスク増大、重大な副作用も.