「最新医学」カテゴリーアーカイブ

病気の初期兆候を「検索」する技術

Googleナノ微粒子体内検索

ナノ微粒子」を使って血流内での異常を監視し、装着可能なセンサーに発見した兆候を表示させる実験を行っている

想定されている応用例
1.破裂すると心臓発作
2.脳卒中を引起こす危険性がある動脈瘤からの酵素を見つける検査
3.外科手術や化学療法を行った後のがん細胞の監視

命にかかわる病気も、早期発見で治療の成功率が劇的に高くなるとされている。

ダウンロード

血糖値を管理するコンタクトレンズ
血糖値を検索

20140116-2

このコンタクトレンズには、2層のソフトレンズ素材の間に小型の無線チップと小型化したブドウ糖センサーを埋め込んである。試作品が臨床試験中で、すでに米食品医薬品局(Food and Drug AdministrationFDA)との話し合いも始まっている。プロジェクトはまだ初期段階にあり、レンズの製品化に協力するパートナーを探しているところだという。

記憶力を高めるには海馬を鍛える?B12

PTSD(心的外傷後ストレス障害)
精神的な強いショックを受けると、海馬が死にやすい

海馬は虚血に弱いので、血管障害が起こらないように食事に気をつけ、適度な運動を心がける

 

記憶力を衰えないようにするには、海馬の神経細胞が死にやすいような状況を避け、海馬の神経細胞が増殖するようにすればいいということになります。

海馬を活性化するには、積極的に刺激のある生活、さらに好奇心を持っていろいろなことを学習する。
そうすれば、海馬の神経細胞を増殖することができるかもしれません。

 

脳の萎縮を防止するには、脳細胞の蛋白合成、核酸合成が順調に行われることが好ましいのです。
ビタミンB12は、蛋白合成、核酸合成の両方に役立っていることがわかっています。

ニューロン同士が情報伝達を行うこと、つまり神経機能的連絡を行うためには、新経路の交差点ともいうべきものが必要であり、この交差点をシナプスと言います。

 

栄養をニューロンに補給するのに役立つグリア細胞というのがあります。アインシュタインの脳には、ニューロン1本あたりのグリア細胞が多かったという報告もあります。

ビタミンB12は大量かつ配合によって効果的に働きます。
脳と神経の修復・再生のビタミンB12

 

脳由来神経栄養因子(のうゆらいしんけいえいよういんし、BDNF; Brain-derived neurotrophic factorとも)は、標的細胞表面上にある特異的受容体TrkBに結合し、神経細胞の生存・成長・シナプスの機能亢進などの神経細胞の成長を調節する脳細胞の増加には不可欠な神経系の液性蛋白質である。

生物の複雑さを知る生命科学と医療

エピジェネティクス
タンパク質
RNA
mRNA(メッセンジャーRNA)

●ES細胞はアメリカで出来た。
欠点:人間の受精卵を使う。

●iPS細胞は知ってる通り京都大学で出来た。
受精卵を使わない多能性幹細胞を作る。
臓器を作るのは難しいが細胞を作れる。
目的な細胞を分化させないと、目的の細胞に使えない。

[youtube=https://www.youtube.com/watch?v=2L50rbC-TTs]