代謝~膵臓、肝臓、胆のうの関係

膵臓の膵液について~補足
前駆体と活性型とは?

膵液 三大栄養素 前駆体(活性を持たない) 分解酵素(~ase) 反応
場所
活性型になる 生成物
糖質
・デンプン
・グリコーゲン
アミラーゼ 十二
指腸
小腸
※マルトース
(Glc-Glc)
タンパク質 トリプシノーゲン ➡エンテロキナーゼ➡ トリプシン
(分解酵素)
※トリペプチド
※ジペプチド
~アミノ酸
キモトリプシノーゲン ➡トリプシン➡ キモトリプシン
脂質 リパーゼ グリセロール
(グリセリン)
脂肪酸

補足

膵液と胆汁

主成分
肝臓で胆汁が分泌
胆のうで胆汁が濃縮
3つ
胆汁酸・・・両親媒性
リン脂質・・・両親媒性
コレステロール

ビリルビン(黄色)
赤血球から出来ている。
赤血球の寿命が120日
赤血球(ヘモグロビン)
のヘムから作られる

inアルカリ性水溶液
両親媒性:
水にも油にも溶けない

脂肪を水相に
溶かしこむため
に胆汁が必要
になる。
膵液
膵臓から十二指腸
に分泌
・消化酵素
・HCO3-を多く含み
inアルカリ性水溶液
(ph8)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください