幹細胞の化粧品の都市伝説

幹細胞の原料を取扱う人達は無知な人が多い

幹細胞は生きていなければ効果が無い

幹細胞は何の幹細胞ですか?に答えられない。幹細胞は、その人の持つ細胞と適合しなければ綺麗にならないのだ。

かといってちまたで流行る幹細胞化粧品に果たして、どれだけの幹細胞が生きて化粧品の中に入ってるのだろうか?

原料を取扱う人は、殆どが外国製の幹細胞で、、、それが正しいものか判断できる施設や研究所を持ってない人も多く。騙されて濃度の濃ゆいものを売りつけている。

エステ業界は特に危険なものが多く。某美容皮膚科医でも無知な方が多いのが現状です。ましては美容皮膚科医が効く幹細胞化粧品を取り扱えてないのが現状です。物凄い手に入りにくい高価な原料だからです。

だから、私が思うのは綺麗な肌になりたければ
安心して使えるお手頃な価格のメーカーの化粧品を沢山塗ることをお勧めする。
ただし、余計なものや新しい原料の入ったものはお勧めしないので、コラーゲンとセラミドが入ってるものが一般的な市場で安心して使えるだろうと分析した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください