細胞膜~エネルギーを必要とする反応(ATP)

エネルギーを放出する反応
アデノシン三リン酸(ATP)→アデノシン二リン酸(ADP)

ATP+H2O→ADP+Pi(リン酸)

酵素:ATPase(ATPアーゼ、ATPエース)

mono
di
tri

グルコース→2ピルビン酸→6CO2+6H2O
↑        ↑
解糖系     呼吸
2ATP      36ATP
解糖系(酸素なしでも起こる)
呼吸(酸素が必要)

ATPエネルギーの通貨
細胞は活発に能動輸送を行いイオンの濃度勾配を形成する。
それに必要なATPは加水分解に伴いエネルギーを放出する反応である。ATPは主にグルコースの分解がエネルギー源で反応は『解糖系』と『呼吸』から生まれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください