「コドン」タグアーカイブ

分子生物学~翻訳

3711084
セントラルドグマの中で翻訳は行われる。

コドン:遺伝子暗号
5’から3’の向きに読み込まれる。ポリペプチドはN末端からC末端に向けて合成される。

20111208_news01

翻訳の場は、リボソームで行う。
リボソームはmRNAの上を移動し開始コドンから終始コドンを読取る。

mRNAの連続する3塩基をコドン(codon)
酸に対応するが、UAA, UAG, UGAの3つに対応するアミノ酸はなく、タンパク質合成の終了を指定する(終止コドン)
mRNAの翻訳の際、最初に現れるAUGはタンパク質合成の開始を指定する(開始コドン)

 

GAAUAGGCGCCATTAGAUAUG GUU UGU UUU GCG.……CAU UAA UAUAGCGAUUUU.……
開始コドン 終止コドン

アンチコドンを持ったtRNAがコドンに対応するアミノ酸を結合してアミノアシルtRNAになる。
62

運び込まれたアミノ酸はrRNAの触媒作用で連結されポリペプチドができる。