「性染色体」タグアーカイブ

遺伝の基礎~完全連鎖と不完全連鎖・トリソミーとモノソミー

完全連鎖 遺伝子の組み換えが起こらない場合
不完全連鎖 相同染色体間で乗り換えが生じ、
遺伝子の組み換えが起こる場合

モノソミーとトリソミーは致死する
ヒトの常染色体 44本
1本・・・monosonomy➡致死
13.18.21はtrisomy➡多くは致死

性染色体
ヒトの性染色体の本数以上は珍しくない。
染色体数の異常は減数第一分裂における染色体の分離エラー(不分離)で生じる
X monosomy➡Turner症候群
Y monosomy➡致死

不活性化(Lyon現象)
哺乳類ではメスの性染色体はXX、オスXYである。
しかし、メスはX染色体の1本が不活性化される

Barr小体
ヒトで女性の細胞を観察すると、不活性化されたX染色体が見える。
この点をBarr小体という
93120222

細胞の増殖~染色体

 

染色体(Chromosome:クロモソーム)の構造
染色体をひも解く
ヒストンというタンパク質に巻かれている。
この巻いている構造をヌクレオソーム構造
さらにヌクレオソーム構造の集合体をクロマチン構造

hirota_fig01

 

ヒトのゲノムの基礎知識
3×10の9乗のDNA

相同染色体
は23種類
常染色体 男女共通の染色体 22本
性染色体 男女で違うもの
:女:XX、男XY
1本

染色体の全長の違い
染色体には短腕と長腕があり23種類の全長がそれっぞれ違う2-4

短腕:P 長腕:q

男女の決め方~染色体のデフォルトは女性だった

性腺 卵巣 女性:XX
↓+Y染色体
精巣 男性:XY

 

染色体のミス

X 女性になる:ターナー症候群
XXY 男性:クラインフェルター症候群
Y 生まれてこない:流産

 

染色体はHの構造
ひも解くとDNAの重らせん構造
DNAの一部分を遺伝子(gene、genom)という
geneには1つの機能の設計図がある単位となる
souyaku_06a