「独立の法則」タグアーカイブ

遺伝の基礎~メンデルの法則

・機能を持ったDNA部分(塩基配列)を遺伝子という。
・DNAはヒストンなどのタンパク質に巻きついてヌクレオソーム構造を形成
・ヌクレオソーム構造がコンパクトにパッキングされて染色体を形成
・染色体上で遺伝子の位置のことを遺伝子座標という

 

光学顕微鏡
染色体
:Chromosome
M期
分裂期
観察できる コンパクト(密)に
パッキング
間期 見れない パッキングは
M期より疎

 

ヘテロクロマチン構造
比較的密

ユー
クロマチン構造
ユーeu:真性
比較的疎
に分かれている。

ヒトのゲノム 3×10の9乗bp コード領域
2.2万-2.5万
タンパク質
5-10万種類
チンパンジー 99%同じ 人間と2%程度で98%は?
ショウジョウバエ 1.4万

 

G.mendel(グレゴリーメンデル):1865年
エンドウ豆  丸としわで遺伝子の解明を理解した。

対立形質 丸:AA しわ:aa
対立遺伝子
(alleleアレル)
A a
多糖が 多糖合成酵素が 多糖合成酵素の
丸豆A 充満 ある コードがある
疎タンパク質
しわ豆a 欠損 ない 機能を失った塩基配列
機能を失ったタンパク質

純系とは
純系:全てのアレルがホモ接合
哺乳類動物ではマウスが純系でできる

分離の法則:減数分裂の際、対立遺伝子は1個づつ配偶子に入る3:1で丸としわができる
遺伝子型:genotype
ホモ結合:AA aa
ヘテロ結合:Aa

優性の法則:たいていの対立遺伝子には優性/劣性の関係がある
ヘテロ結合で作用が表現型に反映されるか?

優性
dominaut
A:丸 Aの作用>aの作用 Aa➡丸
劣性
recessive
a:しわ


例外
オシロイバナ花の色
赤の色が出来ずにピンク
P 白(aa)+赤(AA)
F1   ピンク(Aa)
赤色色素合成酵素

例外:ABO式 血液型
AO➡A型
BO➡B型
AB➡AB型

独立の法則:異なった染色体上にある遺伝子は別個独立に配偶子に入る
丸:しわ=3:1
緑:黄=3:1
丸緑:丸黄:しわ緑:しわ黄色=9:3:3:1

例外:
異なる染色体:-A/a- -B/b-
連鎖している染色体:-A/a-B/b-

以下、参考

mennderu