「細胞構造」タグアーカイブ

細胞と浸透圧の関係

溶けているものを溶質
溶かしているものを溶媒

細胞膜は比較的に水を通す。

全透膜:1:1をたもつ
半透膜:溶媒を透し溶質を透さない性質。
生体膜はほぼ半透膜とみなす。

細胞内液と細胞外液の濃度はほぼ同じ。

浸透圧:P=CRT

P 浸透圧
C 溶液のmol濃度(mol/L)
R 気体定数
T 絶対温度(℃+273)

浸透圧低い=低張
:細胞内液、外液より濃度が低い溶液は低張であるという。
=髭剃りでが多いところで切ると赤血球が破れ痛々しく赤くなる。
赤血球を破裂することを溶血

浸透圧高い=高張
:細胞内液、外液より濃度が高い溶液は高張であるという。
=砂浜だと海水なので塩分が多いため赤血球は縮む。
痛々しく血液は散らばらない。

等張液(Ringer液)
血管は変化しない。
0.9%生理食塩水
5%ブドウ糖液

緩衝溶液(BufferSolution)
:PH衝撃で細胞が爆破することを弱める液

若干の酸やアルカリを加えてもPHの変動が少ない。

赤血球
赤血球は無核の細胞で、細胞膜を研究するのに適する。
成熟した赤血球はミトコンドリアもないのでエネルギーは酸素呼吸ではなく解糖系で調達している。

ちょっと参考までに以下の動画をみつけたので紹介。

細胞小器官のリソソームについてまとめ

リソソーム 【lysosome】
リソゾーム,ライソゾームともいう

多くの加水分解酵素を含み,消化作用を行う細胞小器官。真核細胞の中の膜性の小胞で,特に食作用を行う細胞に多く存在する。細菌などの異物や老朽化した自身の細胞の消化,その他種々の役割を果たす。 
[youtube=https://www.youtube.com/watch?v=yfG8olv_UME]

[youtube=https://www.youtube.com/watch?v=xxpSU3v2dmk]

リソソーム病