「自己修復」タグアーカイブ

生命現象の本質は自己複製と代謝であった。

個体を維持する「代謝」と、種を維持する「自己複製」の2つの機能を持つもの。

個体を維持する「代謝」は、化学反応の連鎖であり、タンパク質が、化学反応を促進する装置として働きます。
一方の、種を維持する「自己複製」は、「DNA」と呼ばれる高分子化合物が行います。

DNAは、自己複製を行うための設計図なのです。

タンパク質が作られるためには、その設計図であるDNAが必要です。一方で、DNAが複製されるためには、タンパク質が必要です。

DNAと、よく似た高分子化合物に「RNA」があります。
DNAが複製されるときに、先ず、DNAの遺伝情報をコピーしたRNAがつくられ、(転写という) その遺伝情報を基にタンパク質が作られます。

https://www.youtube.com/watch?v=sS1wYBXQKJA

[youtube=https://www.youtube.com/watch?v=gQYmTn9j7_Y]