「補酵素」タグアーカイブ

細胞のエネルギー論~酵素は触媒・異化(吸収)

⊿Gが
⊿G<0 自然に起こる
⊿G>0 ATPの加水分解を共役

活性化エネルギー
触媒は活性化エネルギーを低下させることで作用を発揮する。

細胞内で反応速度を上げるには酵素が必要。

(化学的には触媒の役割をしている)
共有結合とは原子と原子を結び分子にする結合
結合力は強い。
H2+I2→2HI (H:水素、I:ヨウ素)

細胞の触媒=酵素

細胞の触媒 タンパク質 酵素
↑ 酵素 RNAの一部 リボザイム

S→P
E:エネルギー

S基質(substrate)・・・酵素が作用する物質を基質
P生成物(product)
E+S⇔ES⇔E+P
Eは同じもの)

酵素のほとんどはタンパク質
酵素は限られた基質にしか作用しない(基質特異性
酵素には至適PH至適温度がある
酵素反応は阻害されることがある
酵素は生成物によって機能が阻害されることがある。これをfeedback阻害という。

補酵素を必要とする酵素もある
補欠分子族という酵素と補酵素がくっいているものもある

タンパク質分解酵素の代表例
胃液:ペプシン   PH2
唾液:アミラーゼ  PH7
膵液:トリプシン  PH8

吸収 ➡       酵素      ➡ 生成物
タンパク質 多数(トリプシン・キモトリプシン・・) アミノ酸
脂肪 リパーゼ グリセロール+脂肪酸
多糖(デンプン・グリコーゲン) アミラーゼ グルコース
DNA ヌクレオチド

参考動画