「解糖系」タグアーカイブ

代謝~グルコースの異化”解糖系からクエン酸回路

解糖系からクエン酸回路(TAC回路) 酸素が使える反応
ミトコンドリア内で反応する

 

Glc
(C6H12O6
 ➡余ると肝臓でグリコーゲン
解糖系 ATPの変化 NADの変化
N:ニコチンアミド
A:アデニン
D:ジヌクレオチド
2ADP 2NAD
↓↑
2ATP 2NADH+2H+
※O2なしで
ATP合成可能
※Hはピルビン酸が
乳酸に変化させるためのもの
※水素電子を受取る反応
2Pyr
(ピルビン酸)
・・・脱水
2C3HO3炭素数:C3
➡➡2Lac(乳酸)➡➡肝臓➡➡Glc
AcCoA
アセチルCoA
CoA:コエンザイム補酵素
炭素数:C2
クエン酸回路
TCA回路
krebs回路
:解明者
 OAA
オキサロ酢酸
炭素数:C4
 ➡ クエン酸
実は:クエン酸は
TCA:トリカルボン酸
炭素数:C6

③異化反応なので
脱水素反応が起きる

FADH2
NADHが生成される
NADのプールを
維持している

②異化反応なので
⊿G<0
ATPの合成可能

←←
①2CO2が発生
炭素数がC6からC4に変化
つまり!!
異化反応

 

 

動物体内ではピルビン酸を乳酸に還元して、NADHをNADに酸化させる反応があるこれを解糖ということがある。

z-3

NAD(NAD+) NADH(NADH2)
↑実質的には同じもの
FAD FADH2

※TCA回路では
①Glc:1分子(1mol)➡2分子のATP(2mol)
 mol:アボガドロ数(6*10の23乗)
②NADH、FADH2の生成

※TCA回路が起きる場所はミトコンドリアのクリスタ(テ)
20100914134643657
外膜、内膜、膜間腔
櫛の形構造:クリスタ(テ)

クエン酸回路覚え方