「遺伝」タグアーカイブ

分子生物学~転写とスプライシングパターン

転写とは
①DNAの塩基配列をもとにRNAを合成すること。
②RNAポリメラーゼが行う
③原核:RNAポリメラーゼは1種類。真核:3種類RNAポリメラーゼ Ⅱ

原核
生物
RNA polymerase
ポリメラーゼ
真核
生物
RNA polymerase Ⅱ=(メッセンジャーRNA)
タンパク質になる領域の転写
 

RNA polymerase Ⅰ=(リボソームRNA)
RNA polymerase Ⅲ=(トランスファーRNA)

RNAポリメラーゼはDNA上のプロモータに結合し転写する

img_3

⑥真核生物の転写産物はプロセッシングを受けて成熟したmRNAとなる。
プロセッシング:(スプライシング+キャップ付加+ポリA付加)

 

転写直後のRNA(転写直前)
:Primary Transcript(最初に転写されたもの)
:Pre RNA
プロセッシング
cap付加
5′-cap
特殊ヌクレオチド
7メチルグアノシン
リボソーム
が認識する
ポリA付加
3′-polyA
AAAAA アデニン(アデノシン) 翻訳効率
をあげる
スプライシング 切りだし反応
※スプライシングの
パターンはいくつもある
※選択的スプライシング
(alternative)
mRNA

 

poly-A、ホノユイテ

※ 真核生物の多くの遺伝子はエキソンとイントロン構造から成立つ

エキソン コード領域 スプライシングで残る
イントロン 非コード領域 スプライシングで切りだされる

ダウンロード

splice

⑦スプライシングとはイントロンを切りだす過程
fig17_1
※選択的スプライシング
(alternative:選択的:オルターネーティブ)
とは
スプライシングパターンを変えることで同じ遺伝子から異なる遺伝子産物を作ることができる。

選択的スプライシングを変えることで限られたコード領域から多くのタンパク質(ポリペプチド)を作る事が出来る。

ヒトの コード領域 2-2.5万
選択的スプライシングパターンで
タンパク質 5-10万

復習
anchisensusa

センス鎖
アンチセンス鎖 転写の鋳型

分子生物学~1遺伝子 1酵素説

Beadle&Tatum(20世紀半ば:ビードルとテータム)


yta001553s_b2
アカパンカビ(真菌)←Xray・・・DNA損傷し変異

アルギニンが必要なDNAが出来る
これを栄養要求性変異

wtの場合
:アミノ酸合成可(20種類)
生育はアミノ酸なしの培地でOK
(最小培地)

u30256201i4488

遺伝子 表現型
酵素タンパク質

復習:
丸豆には多糖が存在
wt:ワイルドタイプ

遺伝の基礎~Hardy-Weinbergの法則

ある世代 A:a = p:q (遺伝子頻度p+q=1)
次の世代 A:a = p:q

Hardy-Weinbergの法則
メンデル集団では何世代たっても対立遺伝子頻度が変化しない。
メンデル集団とは
①個体数が十分に多い
②他の集団との間で固体の出入りがない
③突然変異が起こらない
④自然選択が働かない
⑤任意交配する

https://www.youtube.com/watch?v=zLwzbx5YGro

遺伝の基礎~完全連鎖と不完全連鎖・トリソミーとモノソミー

完全連鎖 遺伝子の組み換えが起こらない場合
不完全連鎖 相同染色体間で乗り換えが生じ、
遺伝子の組み換えが起こる場合

モノソミーとトリソミーは致死する
ヒトの常染色体 44本
1本・・・monosonomy➡致死
13.18.21はtrisomy➡多くは致死

性染色体
ヒトの性染色体の本数以上は珍しくない。
染色体数の異常は減数第一分裂における染色体の分離エラー(不分離)で生じる
X monosomy➡Turner症候群
Y monosomy➡致死

不活性化(Lyon現象)
哺乳類ではメスの性染色体はXX、オスXYである。
しかし、メスはX染色体の1本が不活性化される

Barr小体
ヒトで女性の細胞を観察すると、不活性化されたX染色体が見える。
この点をBarr小体という
93120222

遺伝の基礎~多型と伴性遺伝

正常個体間の遺伝子的差異を多型(polymorphism)という。
ABO式血液型(日本人はA型が多い。)
耳垢(あか) dry/wet

zu

伴性遺伝
ショウジョウバエのオスメスで表現型の分離比が異なる場合がある
赤目・・・優性
白目・・・劣性
00025_03

 

医学:人間の交配実験出来ない。
遺伝病であるかどうかも困難な状況である。